<

back

竹村眞一・総合企画プロデュース作品

・Sensorium(1996;インターネットエキスポ日本パビリオン・ウェブ作品)

  〜本作品は1997年、電子アートの祭典「アルスエレクトロニカ」で金賞を受賞

・「触れる地球」(2002〜);オリジナル大型版、中型JVCK版、普及版Sphere

・どこでも博物館(ユビキタスミュージアム);丸の内・尾道(2002〜2005)

・愛・地球博;市民パビリオン「地球回廊」Global Corridor(2005)

・「Water展」(2007)「コメ展」(2014)

     21_21デザインサイト(東京六本木ミッドタウン)

     〜ともに佐藤卓氏との共同企画

触れる地球ミュージアム2018

・洞爺湖G8サミットIMC (International Media Center)「地球茶室」企画制作(2008)

  〜内田繁氏の茶室とのコラボで「触れる地球」オリジナル大型版を5台展示

 

・「国連防災白書」Global Assessment Report on Disaster Risk Reduction;

   国連UNISDR(ジュネーブ)の委託により、そのデジタル版アドバイザーとして

 2013年版、2015年版、2017年版を企画製作ディレクション(ELPで受託)

 

・ 「食の万博」ミラノ博日本館(2015);コンテンツ総合監修+「触れる地球」4台展示

   〜最も人気を博した本パビリオンは展示デザイン部門・金賞を受賞(140カ国中)

・富士山世界遺産センター(静岡県);坂茂氏との共同企画、コンテンツ総合監修

・触れる地球ミュージアム(東京丸の内2016/17、六本木ヒルズ Media Ambition Tokyo2018)

・「海の地球ミュージアム」(六本木ヒルズ;2018年夏)

・「SDGsミュージアム」(あかがねミュージアム;2019、六本木ヒルズ2020)ほか

「触れる地球」展示実績

世界経済フォーラム・サマーダボス会議@中国・大連

・日本科学未来館(2003/2010)、「愛・地球博」市民パビリオン(2005)

・大手町カフェ、3x3ラボ(2006〜2019;竹村眞一主宰「地球大学」開催)

・洞爺湖G8サミット(2008)

・国連気候変動会議COP15(コペンハーゲンBright Green展;2009)

・国連生物多様性会議COP10(名古屋2010)

・World Future Energy Summit (中東UAEアブダビ:2010)

・アメリカ科学振興協会;年次総会AAAs(アメリカ・サンディエゴ:2010)

・NY国連本部 “Design for the other 90%”展(アメリカ・ニューヨーク:2011)

・世界経済フォーラム・サマーダボス会議(中国・大連2011、天津2012)

・ソウル大学・現代美術館(現代アート作品として招聘展示;2012)

・東京都現代美術館「うさぎスマッシュ」展(現代アートとして招聘展示;2013)

・国連防災会議(2013ジュネーブ、2015仙台、2017カンクン)

・「食の万博」ミラノ博・日本館(2015)

・伊勢志摩G7サミット(2016)

・丸の内、六本木ヒルズ「触れる地球ミュージアム」

中東アブダビ(UAE)でのデモンストレーション

<海外常設拠点>

・オランダ国立科学博物館NEMO(2010〜常設)→

・コペンハーゲン科学館 Experimentarium(2010〜常設)

・米スミソニアンデザイン博物館(NY; Cooper-Hewitt Museum;2010)

・中東ドーハ  Qatar Gas本社(常設)

<国内常設拠点>

・オリジナル大型版(2005〜);日本科学未来館、国立科学博物館ほか

・中型「触れる地球」(2014〜);全国の博物館約20拠点のほか、三菱地所、サントリー、味の素、LIFULLなど企業が社員の意識啓発・工場展示などに導入

「受賞歴」

アルスエレクトロニカ授賞式(1997)

ジュネーブ国連本部での「触れる地球」デモ(2013)

・村井純氏からの委嘱でInternet Expo1996;日本パビリオンのオンラインコンテンツとして制作した “Sensorium”(総合企画・プロデュース;竹村眞一)が、ヨーロッパの電子アートの登竜門「アルスエレクトロニカ」 Ars Electronica;ネット部門最優秀 Golden Nica賞

 

・Sensorium の一作品“Breathing Earth”(世界の地震活動の準リアルタイム可視化プログラム)をベースに、そのアナログ地球儀モデルとして構想した「触れる地球」のオリジナル大型版(日本科学未来館の開館展示作品として企画制作し「愛・地球博」2005などでも展示)が通産省グッドデザイン賞・金賞を受賞(2005年)

 

・東京丸の内や尾道市で企画プロデュースした「どこでも博物館」(ユビキタスミュージアム〜ケータイで街あるきナビを行うシステム)が「国連情報社会サミット」日本最優秀賞を受賞(2005年)

 

・「触れる地球」中型普及版(JVCケンウッド社にライセンス供与して製作)が経産省キッズデザイン賞・最優秀「内閣総理大臣賞」受賞(2013年)

ダライ・ラマ法皇来日記念

「地球の未来への対話」〜仏教との化学の共鳴〜
四人の科学者とダライ・ラマ法皇との対談の中で「触れる地球」を紹介。

海外招待講演

シリコンバレーGPF講演(2014)

トリノ工科大学 Aurelio Peccei記念講座(2015)

・Doors of Perception 2 :オランダ・アムステルダム(1994)

国際デザイン会議“INDABA”:南ア・ケープタウン(2008)

・COP15 “Bright Green展”講演:デンマーク・コペンハーゲン(2009)

・World Shift会議:ハンガリーブタペスト(アーウィン・ラズロ氏からの招聘:2009)

スミソニアンデザイン博物館長 Bill Moggridge氏との招聘対談(アメリカNY2010)

・ Earth Institute/WEF世界経済フォーラム;アメリカNYコロンビア大学 (2011)

・ WEF世界経済フォーラム・サマーダボス会議(中国・大連2011、天津2012)

・国連Global Platform for Disaster Reduction(2013 UNISDR スイス・ジュネーブ)

・インドネシア大学「アジア学生会議」講演(インドネシア・ジャカルタ2013)

・Global Philanthropy Forum基調講演;アメリカ西海岸シリコンバレー(2014)

NY国連本部;RISE (Risk Sensitive Investment会議)講演(2014)

・Aurelio Peccei記念講座:第一回基調講演(イタリア・トリノ工科大学 2015)ほか

国連防災会議でのプレゼンテーション(2013ジュネーブ)

南アフリカ:INDABAポスター

<本務校>

東北芸術工科大学(1992年〜2003年)

京都芸術大学(旧京都造形芸術大学;2004年〜)

 

<委員>

これまで通産省「感性産業研究会」委員、東京オリンピック2016招致委員会委員、日本文化デザイン会議(1998議長、1996副議長ほか)

東日本大震災後、政府の「復興構想会議」専門部会委員

現在、

・東京都環境審議会委員

・オルタナ「サステナブル・ブランド」審査委員長

・経産省キッズデザイン;コミュニケーションデザイン部門審査委員長

 

<ラジオパーソナリティー>

J-WAVE

「グローバルセンサー」(2010〜2011)

「アーストーク」ナビゲーター(2016〜17)

 

<主宰セミナー>

・「地球大学」(2006〜08年、2010〜18年)

・「未来経営研究会」(2012年〜)

・「地球塾」(2019〜)

TV出演・紹介

<TV出演>

・NHKニュース9(2015):「触れる地球」で台風や気候変動についてデモ

・NHK「坂本龍一フォレストシンフォニー」(2012:坂本龍一氏と対談)

・NHK「デザインあ」(2014)

・NHK「デザインの梅干し」(2015)

・NHK「デザイントーク・プラス」(2018)

・NHK「未来への提言」(2011)

   (『銃・病原菌・鉄』著者ジャレド・ダイアモンドへのインタビュー)

・NHK「気候変動と水災害」TVシンポジウム(IPCC議長パチャウリ氏他と討論)

・NHK「和食のこころ」TVシンポジウム

 

<TV番組での「触れる地球」+Sphere紹介>

TV朝日「報道ステーション」お天気コーナー(2018)

「スーパーJチャンネル」Sphere特集(2020)

ほか多数

竹村眞一著作

<単著>

・『地球の目線』(PHP新書)2008年初版刊行、2013年改訂

・『宇宙樹』(慶應大学出版会)2004年〜高校の国語の教科書にも採用されている

・『Water』(ワールドフォトプレス)2007年;企画・佐藤卓、写真;藤井保

・『新炭素革命』(PHP)2015年

<共著>

・『地球を聴く』(坂本龍一氏との共著:日本経済新聞社)2012年

・『22世紀のグランドデザイン』(慶應大学出版会)2001年

・『地球大学講義録』(日本経済新聞社)2011年

・『環東京湾構想』(朝日新聞出版社)2009年

・岩波講座文化人類学・第1巻『新たな人間の発見』1997年

・『ひとのゆくえ』(資生堂SA叢書・求龍堂刊)2002年

 

<海外メディア寄稿>

HUFFPOST; Designing a Multiperson Planetary Consciousness(2010)

 

<紹介本>

スミソニアンデザイン博物館長であり、インタラクティブデザイン分野の権威Bill Moggridge氏の著書 “Designing Media”(MIT Press) にTangible Earth(触れる地球)とShinichi Takemuraの仕事が紹介されている(2012年)

https://www.cooperhewitt.org/tag/tangible-earth/

https://www.youtube.com/watch?v=WdbdT_azTDc

 

SPHEREとは?

YouTube

どこでどう使う?

導入プラン・スペック

NEWS

OUR TEAM

FAQ

お問い合わせ

Copyright © 2020SPHERE Inc.